2008年03月02日

8.001筆の声を市議会に!相談会開催

小田原市初の市民による条例制定提案です

8.001筆の市民の平和への願いを市議会に!

 無防備平和都市条例の制定をめざして、条例制定請求署名の運動は8.001筆を集め、現在選挙管理委員会で署名簿審査が行われていますが、今後の市長への本請求、市議会での条例制定審議にむけて第一回目の相談会が行われました。

 3月1日土曜日午後1時より日本キリスト教団小田原教会で開かれた相談会には請求代表者、受任者、協力者の方など13名が集まりました。

  一ヶ月の署名運動を振り返っての感想交流では「寒い中街頭に立つ姿を見て感動した。」「署名をお願いしても反応は重かった。軍隊がなくて不安と言う声が多かった。でも、子供、孫を戦争には送れない、武器があるから戦争がなくならないことを時間をかけて話し、署名してもらった。」「小田原市初の条例請求を平和のことで成功できて本当によかった。」などが出され、8.001筆の大切な市民の声を条例制定にむけて、市長、市議会にむけてきちんと届けていくことがこれからの大切な事だと確認しました。

 以下を私たちのこれからの要望として確認しました。

−平和を願う私たち市民の要望−
 8.001筆、市内有権者の約20人に一人の署名に体現された市民の「戦争のない平和な小田原市でありたい」と言う意思を尊重するために以下の点を要求します。

@本請求は市長に直接お会いし、請求の趣旨を説明の上、条例制定請求を行いたいです。
A市議会では十分かつ闊達な討論を保障できる議会日程の設定をお願いしたいです。(4月特別議会開催)
B条例請求の趣旨が議会討論に反映できるよう、請求代表者全員の本会議での十分な意見陳述の時間保障をお願いしたいです。総務委員会での請求代表人の参考人招致をお願いしたいです。
C一人でも多くの市民が議会を傍聴できるよう、議会本会議は土曜日開催をお願いしたいです。 
D請求代表者、署名に反映された市民の意思を組み、小田原市無防備平和都市条例案の可決を強く希望します。

 以上の要望を実現していくために
@.小田原市総務課、議会事務局へ要望を伝え、話し合いの場を持っていく。市長との面談を要望
A.市議会議員に条例案への賛成と共に、4月議会・土曜日開催で小田原市初の条例請求を市民の声が反映する形で議会運営が進むよう要望
B.市長、市議会議員に向けて市民の声が直接届くように「要望ハガキ運動」に取り組む

◆次回相談会は3月8日土曜日午後1時 日本キリスト教団小田原教会(栄町4丁目9−43)です。是非、ご参加ください。

☆みなさん!無防備平和都市条例の制定に向けて、小田原市初の条例制定直接請求運動を4月・土曜日議会開催を実現し、傍聴席あふれる市民の参加で成功させましょう!


posted by おだわらむぼうび at 09:19| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。